予約

採用情報

横山歯科診療所のご案内
  • スタッフ紹介
  • 診療設備
  • 交通案内
  • 料金表
  • 個人情報の保護

歯科コラム

e歯医者さんドットコム

歯科コラム

ずっと自分の歯で食べたい…! 〜パート1 歯周病編〜

「虫歯」「歯周病」
このふたつはお口の中の病気の代表格であり、みなさんもよく聞く名前ですね。
ところで、虫歯と歯周病はどのように違うのか、みなさんはおわかりでしょうか?
そして、歯周病がどんな病気で、どれほどこわいものなのかご存知でしょうか?

今回のコラムは歯周病について解説していきます。

Q.虫歯と歯周病の違いってなんだ?

Answer
まず、虫歯と歯周病は病原体の種類も病気の成り立ちも異なりますが、どちらとも普段の歯磨きやケアがしっかりできていないと起こる病気です。

虫歯は、歯の表面についたプラークの中に潜んでいる虫歯菌が放置されることによって、徐々に歯が溶けていく病気です。虫歯菌は空気を好む「好気性菌」です。放っておくと歯を失う可能性があります。

歯周病は、歯の周りの組織に起こる病気です。空気に触れないところを好む「嫌気性菌」という細菌によって発症し、歯肉やその内部の歯槽骨(歯を支えている骨のこと)がダメージを受け、放っておくと歯が抜けてしまう病気です。歯と歯肉との境目に付着したプラークの中に潜む細菌が出す毒素が歯肉の奥の方に侵入して歯肉炎を起こします。歯肉炎を起こした歯肉はだんだんと腫れていき、歯と歯肉の間にすき間(歯周ポケット)ができます。そこからさらに奥まで細菌が侵入すると歯周病を起こし、歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらになったり、抜け落ちたりします。

どちらも放置しておくと歯を失うだけではなく、虫歯が起因して体の他の部位で異常が起こり、最悪死亡に至るケースもあるようです。怖いですね…。侮ってはいけません…。

Q.虫歯と歯周病、予防方法も違うの?

Answer
基本的な予防方法は同じです。虫歯と歯周病にならないために大切なのは、歯に汚れを残したままにしないことです。どちらも口腔内の細菌が原因で起こる病気ですので、予防方法はどちらも丁寧なブラッシングです。加えて、歯科医院で定期検診を受けることが効果的です。

Q.歯周病っておじいちゃんとかおばあちゃんがなるやつでしょ?

Answer
『全世界で最も患者が多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない』 (『ギネスブック2001』より)

実は歯周病は世界で最も患者数が多い病気であるとギネスブックに掲載されていることをみなさんは知っていましたか?厚生労働省の調査によると、日本人の成人の約80%は歯周病や歯肉に何らかのトラブルを持っているそうです。しかし、大半の人が「自分は歯周病ではない」と思い込んでいる状態にあります。

その理由としてあげられるのが、歯周病は虫歯のように痛みがないため歯肉の異変に気が付けないこと、日本人は歯周病に対する関心が薄いことです。「なんかハミガキすると血が出るけど、歯は痛くないから大丈夫でしょ!」など、間違った認識をしている人が多いのが現状です。特に若い人たちは「歯周病は高齢の方がなるものだから自分は歯周病じゃない!」なんて思っている方がとても多いようです。しかし実際には歯肉が炎症を起こして歯が抜け落ちる寸前の人や、若くても歯周病にかかっている人がたくさんいるので、注意が必要です。


Q.歯周病になるとどんな症状が出るの?

Answer
歯周病の症状としてあげられるのは次のようなものです。
・ 朝起きたとき、口の中がネバネバする
・ ハミガキをした時に出血する
・ 口臭がある、又はあると言われた
・ 歯肉がむずがゆい、痛い
・ 歯肉が赤く腫れてブヨブヨしている
・ かたい物が噛みにくい
・ 以前より歯が長くなったような気がする

どうですか?思い当たる症状はありませんか?

上記の症状が多く当てはまる方は歯周病が進行している可能性がありますので、早めに歯科医院を受診することをおすすめします

Q.歯周病って口の中以外にも影響があるの?

Answer
障害になる確率が3〜4倍、早産・低体重児出産は3〜7倍の危険性があり、その他にも糖尿病や誤嚥(ごえん)性肺炎など多数の病気と関連しています。特に最近では歯周病がアルツハイマーとも関連していることがわかってきました。糖尿病や心筋梗塞、アルツハイマーなどは自覚症状が無いため、歯周病であると診断された人の中には、もうすでに様々な全身疾患の危険にさらされているかもしれません。

いかがでしたか?
少しでも歯周病について知っていただけたでしょうか?

横山歯科診療所では、虫歯・歯周病予防の定期的な健診の他に、正しいブラッシングの仕方の指導やお薬で歯周病を治す歯周内科の診療も行っておりますので、気になる方はお気軽に当院までお問い合わせください(*・ω・*)!